オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

September 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
くつろぎ

外壁塗装を考えよう

外壁塗装のリフォームを行う必要性は、第一に大切な住まいを長持ちさせ快適な住環境を維持するためにあります。
しかしデザイン性も捨てきれないため、選択に迷うこともあるでしょう。
リフォームを行うべき時期はそれぞれの材質ごとに異なる耐用年数となり、また立地や環境によっても左右されます。
一般的な塗料で約10年程度で塗り替えをするのが良いとされています。
サイディングそれ自体は高耐久性なのですが、一般的なシーリングは5年程度で劣化してしまいます。

注目の塗り壁工法
外壁塗装は塗り替えサイクルを長くするために、メンテナンスも重要です。
塗装後数年経てば点検を行い、ひび割れや剥がれの補修を行うことで長持ちさせられます。
昔ながらの塗り壁は独特の風合いで防火性や調湿効果などもあり根強い人気なのですが、耐用年数が8年前後ともいわれクラックの心配などもあります。
しかし最新の塗り壁工法では利点を活かしたまま耐用年数を伸ばすことに成功し、サイディングの上や既存の外壁をそのままに施工することが出来ます。

無料相談で解決
外壁塗装はどの工法も魅力や利点があり、費用やデザインなどを加味して考え始めると、最適なリフォームを選択をするために悩むことでしょう。
立地や環境などで最適なリフォームは異なるため、具体的にリフォームを決める前に工務店やリフォーム会社に相談してみるのも一案です。
外壁塗装の一括見積もりサイトの、無料相談を利用するのも良いでしょう。
ハウツー記事や費用の相場などの様々なお役立ちコンテンツもあり、複数の業者に一括で見積もりが出来るので便利なのでお勧めです。

外壁

外壁塗装と耐用年数

外壁は外観を飾るだけでなく、大切な家屋を守り寿命を延ばす役目もあります。
外壁塗装は太陽光や湿気などからも経年劣化するために、リフォームを必要とします。
外壁塗装は数年経てば点検をするべきで、ひび割れや剥がれがあるままでは家屋の寿命が短くなりかねないため、ウレタン樹脂塗装で10年程度、高耐久性のフッ素樹脂でも15年程度で塗り替えるのが良いとされています。
塗り壁は他の素材同様に材質や環境にも左右されますが、やはり数年で点検や補修などを行う必要があります。

優れた塗り壁工法
本格的な塗り壁は伝統的な工法で日本の風土に合っていることや、素朴な味わいとさりげないお洒落さなどから根強い人気ですが、ひび割れがしやすいなど耐久性を危惧する方も少なくありません。
そこで塗り壁の防火性や調湿効果を持ち、サイディングの手軽さなど良い点と併せ持った、塗り壁工法というものもあります。
リフォームなどを行う施工会社によって呼び方は様々ですが塗り壁に比較し工期も短く済み、それぞれのメリットを活かした方法です。

リフォームは相談から
それぞれにメリットのある外壁塗装で、大切な家のためにはどれを選べば最善なのか悩むことも多いと思います。
デザイン性や費用なども大きな要素となり、環境や立地によっても最善の選択は異なるものです。
こうした場合はリフォーム会社や外壁塗装の一括見積もりサイトなどにある、相談窓口を利用するのが良いでしょう。
やはりプロの視点で判断してもらえるので安心でき、様々な施工方法や費用などを容易に比較検討できることから、最適な判断が下しやすいのではないでしょうか。